家計&意識に一喝を入れるとき、来る!

来る給料日を目前に、今日職場で明細が配布された。仕事仲間一同が、名前を呼ばれた人から順番に、その汗と涙の結晶であるお給料明細をしっかりと手に受け取る。私も名前を呼ばれ、「お疲れ様です」と受け取りつつ、今月もお給料日がやってきたと実感&家計についてのいつもの脳内意識更新が起きた。
お給料日が来るたび、いつも今月の節約をがんばろうと意識するものの、いつもいつもうまくいくばっかりじゃないし、ときには失敗だってする。実際、今月も後半に差し掛かったあたりから意識がたるんでしまい、好ましい使い方とは言えないような使い方もしてしまった。それですべての家計がなし崩しに、ということにこそなっていないものの、節約がうまくいった月はやっぱり嬉しいし、失敗した月はどうにかもう少しマシにしよう、もう少し何とかならんのかと自分に問う。来年はこの振れ幅を徐々に小さくしていくことを目標に、日々働きたいと思っている。
それにしても今日明細をしみじみ見たところ、想定した計算で弾き出した数字よりも多くお給料に跳ね返っていたことがちょっと嬉しかった。よくよく考えると、そういえば時給が最近になってちょっとばかり上がったことを思い出した。その「ちょっと」であれ、それに掛け算で出勤日数となればちょっとがちょっとじゃなくなり、結果、想定以上に大きな数値となる。まあ、もちろんものすごくお得とか儲かったというわけではないけど、増える分には感謝だし、嬉しい。
ATMが混み合う「ゴトオビ」は外して行くことにしている私なので、今月も比較的空いているであろう日付を狙ってお給料を下ろし、支払い関係を済ませる予定。今月もこのお給料日を経て家計を巡る意識にいい意味で一喝を入れて、また新しい気持ちでひと月家計のやり繰りをサクッとがんばりたい。あんまり家計やお金、節約のことばっかり考えているのも当然疲れるし、かといって何の緊張感も責任感もなく、まるっきり気が抜けてふんにゃらふんにゃらしていてはろくな管理ができないし、かえってストレス溜まる。やっぱり適度な緊張感って大事だと思うばかりだ。もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>atocarepro.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です